🌏Earth Friendly Maki From California🌏

地球に優しい選択をしていくライフスタイルブログです。 ヴィーガンというライフスタイル、レシピ、エコ、エシカルな事などについてアメリカ北カリフォルニアから発信しています。(たまに箸休めに雑談も書いています。)

全ての牛には元々、角(ツノ)があります。 ーどんな方法で除角 (Dehorning) されるか知っていますか?ー

酪農場で牛を見た際、あなたがほとんど目にしない物があります。 ー それは角です。

f:id:makiwalsh:20201224095044j:plain

彼らが産まれた時、彼らの頭には通常、最終的に角に成長する組織があります。

しかしアメリカの酪農業において大多数の仔牛は、焼かれるかえぐられるかして除角されます。酪農場で牛の頭に角を見ないのはその為です。

酪農業者は、様々な方法で除角をします。
その中に、ホットアイロンや焼きゴテで角に成長する組織を直に焼かれる方法が含まれます。

時に灼熱の熱は、下にある骨までもダメージを与えます。

いくつかの酪農場は、劇薬の腐食性化学物質(苛性ソーダ)を使用しています。この化学物質は、接触した全ての組織を食い尽くします。時には肉や目なども。

ナイフ、大きな植木ばさみの様なものなども角になる組織を切り落とす為に使われます。

仔牛が生後2ヶ月頃になると、成長する角の組織は頭蓋骨に根付き始めており、除角の作業はさらに痛みを伴い、出血し、危険になります。

生後2ヶ月以上の牛には、酪農業者はしばしば 鋭い金属スクープを使用して、仔牛の頭に押し込み、角と周囲の組織をえぐり出します。

また、のこぎりや鋭いワイヤーで角を切り落としたり、角の付け根と周囲の肉を切り裂く "ギロチン除角器" を使用したりすることもあります。

牛と子牛は除角中、のたうち回り、頭を打ちつけ、後ろ足で立ち上がろうとし、尻尾を強く振り、激しく鳴き、つまずいて転倒するまで激しく苦しんでいます。
これらはすべて、激しい痛みと苦痛の兆候です。

成長した牛は恐怖や痛みから反撃をするため、拘束するのが困難な上、外傷、失血、感染のリスクが高まります。

これらの作業は、麻酔や鎮痛剤を与えることなく日常的に行われます。

お願いです。この非人道的な慣行をやめさせる事に協力してください。

牛乳、チーズ、その他の乳製品を避け、代わりに数多くあるクルエルティーフリーのノンデイリー(植物性)ミルク、ヨーグルト、チーズ、アイスクリームをスーパーで買い物する時に選んでください。

お願いです。ヴィーガンになることによって、そのような苦しみを支持することを拒否してください。

以下のURLで動画がみれます。
英語音声のみだったものを日本語に翻訳しました。
2分ちょっとの短い動画です。

https://www.instagram.com/tv/CJKAfvHHmyi/?igshid=qdzxis5igl9t